broad wimaxとどんなときもwifiではどちらが良いのか?速度・料金比較

最近ではLTE系のサービスのどんなときもwifiなんていうサービスも出てきましたね。

結構注目度が高く回線料金が安いように思えるので飛びついた方が多かったようです。

※どんなときもwifiは当初契約者が殺到したために用意していた端末が無くなって受付中止になるほどの人気振りでした、現在では解消されています

そこでwimaxとこういったLTE系のサービスのどんなときもwifiはどちらがお得?という比較をしてみましょう。

回線速度はwimaxの方が速い!

さて当然かもしれませんが回線速度はwimaxの方が速いです。

■wimax 2+通信速度…下り最大440Mbps

■どんなときもwifi通信速度…下り最大150Mbps

というようにポテンシャルとしては3倍近くwimaxの方が速いんですね。

実測値はどうなのか?平均を見てみよう

ポテンシャルは分かったけど実際に使ってみたら遅いということはよくありますよね。

そういうことで実測値の平均が大事です。

■Speed Wi-Fi NEXT W06
平均Ping値: 88.14ms 下り平均速度: 42.75Mbps 上り平均速度: 4.13Mbps
■どんなときもwifi
平均Ping値: 67.8ms 下り平均速度: 24.12Mbps 上り平均速度: 12.23Mbps
みんなのネット回線速度より

Speed Wi-Fi NEXT W06というのはwimaxの最新端末です。下り速度については

■wimax…42.75Mbps

■どんなときもwifi…24.12Mbps

という平均値になりましたね。wimaxの場合は端末によって若干違うので全体的にはもう少し平均値が落ちる可能性は高いですね。

ただ数値にしてみると結構な違いがあります。

速度で決めるなら絶対にwimaxです!

ギガ放題とデータ容量無制限

続いてwimaxのギガ放題とどんなときもwifiのデータ容量無制限を比較しましょう。

■wimaxのギガ放題

月間で容量制限は無いが3日で10GBを超えると翌日の18時頃~翌2時頃まで速度制限されます。これはどんなサービス会社で契約をしてもギガ放題であれば同じです。

UQ WIMAX公式を参照

■どんなときもwifiのデータ容量無制限

どれだけ使っても制限なし!

…ということでどんなときもwifiはちょっと通信速度が遅いのですがギガ難民になることが無いのが特徴です。どれだけ使っても制限がないというのは嬉しいですしモバイルWi-Fiサービスでは驚異的な内容になっています。

wimaxはどんな会社と契約しても3日で10GB制限という条件付きで使い放題になっています。これはwimaxの速い回線を使いすぎる人達が増えてしまうと他の利用者に迷惑が掛かるのでこういった措置になっています。

使い放題プランとしてはどんなときもwifiの方が魅力的です。

ただしどんなときもwifiは在庫切れになるほど人気になっているので利用者が増えれば増えるほど回線の速度が遅くなる懸念があります。現状では平均で24.12Mbpsくらいですが今後は速度が遅くなる可能性があるでしょう。

しかしギガ難民になりそうだという人はどんなときもwifiにした方が良さそう!です。

月々の通信料金で比較してみる

次に最も大事な指標である月々の通信料金で比較してみましょう。

こちらではbroad wimaxとどんなときもwifiの現時点での通信料金を比較します。

以下は消費税10%込みの通信料金になります。

【broad wimax3年契約】

プロバイダ 実質月額 3年総額
Broadwimax 4,021円 141,484円

【どんなときもwifi2年契約】

プロバイダ 実質月額 2年総額
どんなときもwifi 3,965円 95,172円

broad wimaxは3年契約、どんなときもwifiは2年契約なので単純に比較することは難しいですが総額を契約期間で割った実質的な月額は上記の通りでほぼ変わらないという結果に!

これは驚きました。でもきっと回線事業会社も計算して値段を設定しているんでしょうね。ですから通信料金の安さでどちらが良いかを選ぶのは無理です。

通信料金が同じなので選ぶ基準は?

「同じ価格なのに携帯電話のLTEのネット回線(※ほぼソフトバンク回線)なんて使いたくない!」という方はwimaxをオススメします。

「同じ価格ならどれだけ使っても制限が無い回線の方が良い」という方はどんなときもwifiをオススメします。

契約期間について

あとはwimaxは今3年契約が主流になっていて、それならどんなときもwifiのようなLTE系の方が2年契約なので良いよなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。

ただ2年契約なんてあっという間で終わりそうだとまた新しい回線事業者を探して契約しないといけないのは面倒と言えば面倒です。

またどんなときもwifiは端末を解約月の翌月5日までに返却しないと機機器損害金18000円(税抜)が発生します。端末には箱や説明書またUSBケーブルなど全て返却しないとお金を取られるのでここも落とし穴かなっていう。説明書や箱なんていうのは無くしそうです。

broad wimaxは端末の返却は必要ありません。自分のものなので大丈夫ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました